まかせるならココ!吉祥寺の不動産売買ガイド【2017年度版】
まかせるならココ!吉祥寺の不動産売買ガイド【2017年度版】

買いたい!売りたい!吉祥寺エリアの不動産探しを徹底サポート

吉祥寺でペットと暮らす物件を見つける際の確認事項

猫

ペットと一緒に暮らすための物件を探す際、チェックしておきたいポイントをご紹介します。ペットも快適に暮らせる物件を見つけるために、どんなところに気をつければよいか知っておきましょう。

知っておきたいペットならでは物件探しのポイント

1.ペットと暮らすことに適した住環境であるかをチェック

ペットと暮らすにあたり、物件だけでなく周辺環境もペットの飼育に適しているかをしっかりチェックしましょう。

吉祥寺は最近さらに開発が進み、車通りの多い道が増えました。急にペットが飛び出してしまうことを考えると、あまりに交通量の多い場所は避けたいところ。緑が多いエリアは、ペットも生活しやすいと思いますので、物件探しの参考にしてください。

  • 物件の近くにペットフードを購入できるお店があるか
  • ペット病院は通いやすい立地にあるか
  • 近くに公園があって散歩しやすいか

2.ペット可物件と記載があっても飼えるペットに制限があることも

物件探しで気をつけたいのが「ペット可」の記載です。

物件情報の欄にペット可の記載があっても、すべてのペットを飼育できるとは限りません。

もっとも多いのが、犬は飼ってもよいけれど猫はNGというパターン。

物件情報を掲載するシステムは、ペット可物件の場合チェックを入れるのみの場合が多く、「犬のみ可」という表記がされていないケースがとても多いのです。

猫がNGの理由としては、壁などで爪とぎをしてしまうことなどが考えられますが、猫を飼いたいと考えている人は、内覧の前に猫が飼えるか必ず確認しておきましょう。

また、ペット可であっても大型犬は飼えない、珍しい動物を飼育することはできないと決められているところもあります。規約に違反すると、退去しなければならない場合もありますので注意が必要です。

飼いたい動物を気兼ねなく飼うことができるかどうか、できれば内覧前に確認できるとよいですね。

3.敷金が多めにかかる可能性がある

一般的に知られていることですが、ペット可物件の場合、人間だけで生活するよりもペットが壁紙を汚す、剥がしてしまうなど、原状回復費用が多くかかる可能性が高いため、人のみ入居するよりも敷金が多めに必要となる場合が多いです。

一般的には敷金が1ヶ月上乗せされることがほとんどですが、通常の費用よりも高めになることが多いので、予算は多めに確保しておく必要があります。

4.内覧時は夏場を意識して確認する

気に入った物件を見つけていざ内覧する際には、飼い主が留守にしている間もペットが快適に生活できるかを重視して内覧しましょう。

特に気をつけたいのが夏場の気温です。

冬は寒ければ温かい毛布を用意しておくなどして対処することができますが、夏場あまりに気温が高くなる物件だと、熱中症を起こしてしまう可能性もあります。

クーラーをつけていけば問題ないかもしれませんが、何らかの事情で留守中に長時間の停電になってしまったら、クーラーで涼をとることはできません。

夏場でもある程度快適に過ごすことができる物件かを必ず確認しておきましょう。

吉祥寺のおすすめ不動産業者ランキング
 
 
pagetop
まかせるならココ! 吉祥寺の不動産売買ガイド

まかせるならココ!吉祥寺の不動産売買ガイド【2017年度版】