まかせるならココ!吉祥寺の不動産売買ガイド【2017年度版】
まかせるならココ!吉祥寺の不動産売買ガイド【2017年度版】

買いたい!売りたい!吉祥寺エリアの不動産探しを徹底サポート

吉祥寺vs鷺ノ宮

「家族で住みやすい街」として知られる吉祥寺と鷺ノ宮。吉祥寺は毎年「住みたいまちランキング」で上位に入るほど人気のある街です。一方鷺ノ宮は西部新宿駅から急行で約11分のエリア。駅周辺は人々で賑わい、駅から離れた場所には閑静な住宅街が広がっています。どちらが住みやすいのか街の特徴と都心へのアクセス面についてまとめました。

西武線・鷺ノ宮(さぎのみや)の特徴

西武新宿線沿線にある鷺ノ宮駅は西部新宿駅までの急行が走っており、新宿駅まで約11分で行くことができます。途中にある高田馬場駅で乗り換えれば渋谷や池袋、上野に行くことも可能なため、意外にも都心へのアクセスは良好。また、鷺ノ宮駅近くにある唯一の大通り「中杉通り」からは西部池袋線と中央本線を結ぶバスが通っています。バスに乗って各線にいけば、となりの練馬区や杉並区へもアクセスすることができますよ。

鷺ノ宮駅周辺には小さいながらも商店街が立ち並び、地域住民の生活に彩りを添えています。地域住民から安い!と評判のオーケーマート鷺宮店やイオン系列のマイバスケット鷺ノ宮駅南店などスーパーもあり、日用品や食料品を購入することができるため、生活に不便を感じることはありません。駅周辺の商店街から少し離れれば閑静な住宅街が広がり、家族で住む方から単身で暮らす方まで多くの人々が生活しています。

子育てもしやすい地域でもある鷺ノ宮は、駅近くに図書館や体育館、公園など子どもが学んだり遊んだりできる公共施設が豊富。鷺ノ宮駅周辺は中野区に位置するため中野区の子育て支援制度や教育制度を利用することが可能です。一時保育利用の申請、母子手帳の交付、医療費助成の申請などについて情報を提供してもらうことができますよ。

助成金の例を挙げると、0~15歳までの子どもで病気やケガなど保険が適用される診療を受けたとき、自己負担した分の金額を請求できる「子ども医療証(マル子医療証)」があります(就学前の子どもは2割、就学後の子どもは3割の金額を中野区が助成)。遊べる施設の多さや行政区からの補助が充実している点から、子育てに適した環境が整っている地域だと言えそうです。また、小児科や内科などの病院・クリニックが点在しているため、万が一に備えてかかりつけ医を見つけておけばいざというときにも安心ですよ。

鷺ノ宮駅から南側にいくと、鷺宮八幡神社や白鷺山福蔵院などの神社やお寺が点在しており昔懐かしい雰囲気を残しています。鷺ノ宮が本格的な住宅街に開発されていった時期は大正12年以降で、関東大震災があった時期にあたるそうです。開発の始まった時期に建てられたであろう洋風な建物も残っていてロマンを感じること間違いなしですよ。

静かで住みやすい住宅街であり、治安もいいと定評のある鷺ノ宮。ざわつく都会から離れて落ち着いた場所で暮らしたい方や静かな場所で子育てをしたい家族にはうってつけの場所といえます。

西武線・鷺ノ宮と中央線・吉祥寺どちらが住みやすい?

鷺ノ宮は約3,000万円~5,000万円で物件が手に入るエリアです。静かな住宅街が立ち並び、治安もよく公園や図書館など公共施設が揃っているので、子どもを育てやすい環境といえます。ただ鷺ノ宮は商業施設や洋服屋さん、食べ物屋さんなどがあまりなく家族や友達同士で遊んだり買い物をしたりしようと思ったら物足りなさを感じるかもしれません。交通に関しても沿線が一つのため、吉祥寺と比べると他の地区に行きにくいという点が挙げられます。本当に「住むだけの街」になってしまうかもしれません。

替わって吉祥寺は「住みたい街ランキング」で常に上位にランクインするほど人気のある街だけに、物件の価格は約6,000万~3億円とお高め。しかし場所によっては6,000万円以下の物件がでる場合もあるため、ある程度の予算があれば吉祥寺に住むことも夢じゃありません。中央線と京王線が通っているため、都心へのアクセスがしやすいところが魅力的。吉祥寺駅周辺には商業施設やおしゃれな飲食店などが立ち並んでいます。渋谷や新宿へわざわざ出向いて買い物をしなくても、吉祥寺だけでほしいものが揃うのはうれしいですね。洗練された都会のイメージがありますが、商店街やスーパーなどもあり家族向けな一面ものぞかせます。吉祥寺駅から西に向かえば、桜で有名な井の頭公園に行くことも可能です。

鷺ノ宮と吉祥寺、「家族が住みやすい」という点では似ている二つの地域ですが中身は似て非なるもの。周辺地域に衣食住がすべて揃い、都心へのアクセスがしやすいことを考えると軍配が上がるのは吉祥寺といえますね。

吉祥寺と鷺ノ宮の相場

静かな住宅街が立ち並び、落ち着いた雰囲気を持つ鷺ノ宮と、自然に囲まれリラックスできる吉祥寺。どちらもファミリーが暮らしやすい街です。ここでは吉祥寺と鷺ノ宮の地価や家賃、新築一戸建ての平均的な価格について紹介します。

地価

吉祥寺…122万2478円/m2

鷺ノ宮…48万7857円/m2

※上記は2017年の地価公示価格相場となります。

鷺ノ宮の1平方メートルあたりの地価は吉祥寺の約半分である48万7857円。坪単価を比べると吉祥寺の場合が404万円で、鷺ノ宮の坪単価が161万円と安くなっています。鷺ノ宮は周辺に体育館や図書館があり、子どもの体作りや知識を育むのに適した環境。吉祥寺は待機児童ゼロに向けて今後保育施設を増やす計画が進んでおり、子育て世代のファミリーが暮らしやすい街です。

家賃

吉祥寺…約21万円

鷺ノ宮…約13.5万円

※上記は2017年6月現在の3LDKの価格相場となります。

家賃の価格は吉祥寺と比べると8~9万円ほど安い鷺ノ宮。渋谷に行く時に電車を乗り換える必要がありますが、新宿までは電車1本で行けます。メインストリートとなる中杉通りを脇道に逸れた場所には静かな住宅街も。吉祥寺の家賃は、住みたい街ランキングTOP3の中では10万円ほど抑えめ。さまざまなショップや施設が揃っている吉祥寺はトレンドの発信地ともなるため、若者に人気の街です。落ち着きすぎず適度に活気のある街の雰囲気は、休日をアクティブに楽しみたい若いファミリー層にも向いています。

新築一戸建て

吉祥寺…約6,400万円

鷺ノ宮…約5,840万円

※上記は2017年6月現在の3LDK~4DKの価格相場となります。

鷺ノ宮では吉祥寺の新築一戸建てと比べると500万円~600万円ほど安く購入できます。保育施設も充実しているので、小さなお子さんがいる家庭にとっていい条件がそろっているエリアです。ただ広い公園やおしゃれなカフェやレストランが吉祥寺に比べると少ないため、休日に家族みんなで過ごすのには物足りなさを感じるかもしれません。

吉祥寺の新築一戸建ては鷺ノ宮と比べると高く見えますが、電車1本で新宿や渋谷など都心部へのアクセスが良さといった利便性を考えると妥当な価格。通勤・通学などの移動にかかる時間を短くできるため、その分家族と一緒に過ごす時間を長くとれますよ。

住まい選びは子供の育てやすい環境や周辺に便利なお店があるのかが重要です。自分の生活に合うエリアなのか把握して、通勤や子育てがしやすい環境なのかチェックをしましょう。

関連するページ

吉祥寺のおすすめ不動産業者ランキング
 
 
pagetop
まかせるならココ! 吉祥寺の不動産売買ガイド