まかせるならココ!吉祥寺の不動産売買ガイド
まかせるならココ!吉祥寺の不動産売買ガイド

買いたい!売りたい!吉祥寺エリアの不動産探しを徹底サポート

吉祥寺vs目黒

東京でも人気が高いエリアの目黒区。オシャレな雰囲気だけではなく、緑が多く自然も楽しめる魅力的な街です。オフィス街へのアクセスが非常に便利で、お店もたくさんあることから単身者は住みやすいとされています。はたしてファミリーが住むのには適しているのか、このページで解説してます。

目黒の特徴

目黒区は東京都23区の南部に位置するエリアであり、若い女性が多く訪れる自由が丘が有名。中目黒もオシャレな街として人気が高いです。ほかにも世界唯一の寄生虫博物館である目黒寄生虫館や、写真や映像にまつわる様々な展示物が楽しめる東京都写真美術館など、興味深いスポットもたくさんあります。イベントも盛りだくさんで、目黒川沿いの桜並木は人気花見スポットですし、目黒駅で開かれる目黒さんま祭りも有名です。ですが目黒駅は品川区にあるという豆知識。目黒区民やほかの地域から訪れる方々は、そんなことは気にせず毎年さんまを食べて楽しんでいますよ!そんな目黒区は、東京都民が選ぶ「住みたい街」ベストには自由が丘と目黒の2つがランクインするほど、人気の高い区域です。

代官山エリアなどから高級住宅街のイメージを持たれがちな目黒区ですが、家賃が安価で住みやすい住宅街もあります。だからこそ有名な芸能人から一般の大学生まで、多くの人達が住んでいるのです。

目黒通り沿いや各駅から数分離れると、都心部とはほど遠い静かな環境になります。また、都内でも緑が多いのが特徴です。林試の森公園が有名で、休日に子どもを連れて遊びにいくのに最適ですね。国立科学博物館付属自然教育園や目黒不動尊など緑がたくさんあるので、都内の喧噪を忘れて静かに暮らしたい人に目黒はぴったりです。

東京メトロ日比谷線、東急東横線、東急目黒線、東急大井町線、京王井の頭線が通っており、駅周辺や線路沿いは比較的にぎわっています。目黒駅からは東京メトロ東西線、東急目黒線、都営三田線駅の3つが利用可能。オフィス街へのアクセスも良いので、目黒に住むビジネスマンは多くいます。路線の多さに加えて都営バスと東急バスが運行していますので、都内で生活する上で拠点にすると、どのエリアにもアクセスが簡単にできて非常に便利と言えるでしょう。

区内に大型スーパーやショッピングモールが少ない目黒区ですが、駅の周辺には目黒駅ビルの「アトレ目黒」や自由が丘の「ザ・ガーデン自由が丘」に加え、マルエツや成城石井などがありますので、日用品や食料品の買い物に不自由することはありません。

利便性の高い目黒区の家賃や土地の相場はかなりお高め。駅前だとさらに値が上がるので、住むとなると少々悩んでしまうかもしれません。しかし、都心でありながら緑があり、オシャレで上品な雰囲気、治安も良いということもあり、とても住みやすいのは確かです。

人気の街・吉祥寺と目黒、どちらが住みやすい?

都内でも人気の高い目黒は、吉祥寺に負けないほど魅力的な街ですが、家族で住むのであればやはり吉祥寺と言えるでしょう。目黒はどちらかと言うと、単身者の方が住みやすい町です。家族で住むのであれば、吉祥寺がおすすめ。

吉祥寺と目黒の相場を考えて、吉祥寺の方が断然安いからという理由だけではありません。まず目黒は坂が多いのです。小さいお子さんやベビーカーと一緒に移動するのは大変。駅があるエリアは標高が特に高いので、駅を利用する時は上り坂、自宅に帰る時は下り坂を通ることになります。足腰が弱い人には大きな負担となるでしょう。駅周辺エリアに住んでいれば、そんな思いをする必要はありません。しかし今度は家賃相場や土地相場が高いという新たな問題が出てきます。

目黒には、駅ビルや様々な商業施設、飲食店や居酒屋など、魅力的なお店がたくさんありますが、どちらかと言うと単身者に特化しているお店です。小さなお子さんがいるファミリー向けではないので、そう考えると吉祥寺の方が便利に楽しく過ごせるかも。

都心部へのアクセスで考えると、新宿まで目黒なら12分、吉祥寺なら15分と大きくは変わりません。どの路線を使うのかによって、どちらが便利なのかは意見が分かれるところです。

目黒区には子育て支援があり、医療費の助成などを受けることができますが、子供向け施設の多さや支援は断然吉祥寺が勝っています。便利に生活をすることではなく、子どもを育てていくことを重点に置いて考えると、目黒よりは吉祥寺が適しているのです。

基本的にはどちらも過ごしやすいエリア。けれど子どものことを考え、家賃相場と土地相場を踏まえると、吉祥寺が良心的と言えるのです。

吉祥寺のおすすめ不動産業者ランキング
 
 
pagetop
まかせるならココ! 吉祥寺の不動産売買ガイド