まかせるならココ!吉祥寺の不動産売買ガイド【2017年度版】
まかせるならココ!吉祥寺の不動産売買ガイド【2017年度版】

買いたい!売りたい!吉祥寺エリアの不動産探しを徹底サポート

吉祥寺を人気エリアと徹底比較!

まずは住みたい街ランキングをチェック!

不動産情報サイトのSUUMOで有名なリクルートが実施した「住みたい街ランキング2017」。

ランキング1位の吉祥寺は都心へのアクセスが良好で、駅周辺にはさまざまな商業施設や教育施設が揃っている利便性◎のエリア。都会的でおしゃれなイメージを持ちながら、スーパーや商店街、公園や動物園などの自然も残っており、落ち着いて生活できると人気です。

2位にランクインしたのは恵比寿。過去に1位を獲得したこともあり、住みたい街ランキングでは常に吉祥寺と上位を争っているエリアです。気軽に入れるカフェからおしゃれなバーまで、おいしい飲食店が揃っていると評判。特に一人暮らしの社会人やDINKSの票を集めています。

3位は横浜。都会でありながら海も近く、景観の良さが人気の理由です。特にファミリー層やDINKSの支持を集めているエリア。神奈川県ではありますがアクセスも良く、東京都心部への通勤・通学にも困りません。

ここでは上位3つの街に加え、多摩エリアを代表する八王子と、人気急上昇中の武蔵小杉をピックアップ。街の特徴と住みやすさ、1位の吉祥寺と比べてどちらが住みやすいかを紹介しています。どのエリアに住むか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

吉祥寺vs恵比寿

吉祥寺と並んで人気の恵比寿。「恵比寿ガーデンプレイス」を中心に、商業施設やおしゃれな飲食店などで賑わうエリアです。都会すぎない落ち着いた街として、「住みたい街ランキング」で常に上位を争う吉祥寺と恵比寿の2つの街について紹介します。

「吉祥寺vs恵比寿」について詳しくはコチラ>

吉祥寺VS横浜

6つの鉄道路線が乗り入れる、都心へのアクセスも抜群の街「横浜」。都会すぎないところが評判で、海が近いこともありファミリー層にも人気のエリアですが、吉祥寺と比べるとどちらが住みやすいのでしょうか?街の特徴から紐解きます。

「吉祥寺VS横浜」について詳しくはコチラ>

吉祥寺VS八王子

多摩エリアを代表する街、八王子。学校が多いことでも有名で、およそ11万人の学生が勉学に励む街なのだとか。子どもの教育環境を重視するファミリー層から人気を集めています。そんな八王子の街の特徴と吉祥寺との違いを調査しました。

「吉祥寺VS八王子」について詳しくはコチラ>

吉祥寺VS武蔵小杉

近年再開発が進み、人気急上昇中のエリア「武蔵小杉」。駅前にはショッピングセンターやタワーマンションが次々と建てられ、昔の工業地帯から大変身を遂げた街です。「住みたい街ランキング」にトップ10入りした理由や街の特徴、吉祥寺と比較したときの住みやすさを紹介します。

「吉祥寺VS武蔵小杉」について詳しくはコチラ>

吉祥寺VS目黒

自由が丘・中目黒など、近年注目を集めるオシャレスポットが点在する目黒。山手線沿線エリアにも属し、安定した人気を誇っています。人気は高いですが、実際に住むとしたら吉祥寺とどちらが良いのでしょうか。その魅力の違いを紹介しています。

「吉祥寺VS目黒」について詳しくはコチラ>

吉祥寺VS品川

都内でも屈指のオフィス街・品川。働く街としてだけでなく、住みたい街としても高い評価を受けています。そんな品川の魅力を紐解きつつ、吉祥寺との違いを紹介しています。

「吉祥寺VS品川」について詳しくはコチラ>

吉祥寺VS池袋

吉祥寺も池袋も住みたい街ランキング常連となっていますが、その特徴はまるで異なります。どんな人が吉祥寺向きで、どんな人が池袋向きなのか。比較してみました。

「吉祥寺VS池袋」について詳しくはコチラ>

吉祥寺に近いエリアの街をチェック!

人気エリアの吉祥寺を通る、JR中央線・京王井の頭線・西武新宿線沿いの街は、住まい選びの候補に挙がりやすいエリアです。

●JR中央線

リクルートが実施した「住んでみて良かった街」ランキングでも、吉祥寺や中野、荻窪といった中央線沿線の街がランクインしています。

人気の理由はなんといっても交通の便の良さ。東西に並走する複数の路線を利用できることや始発・終電が通る駅も多いことから、都心へのアクセスは抜群です。 各駅周辺には商業施設や商店街がひしめき、普段の買い物からデート、家族でのお出かけに持ってこいの沿線と言えます。

●京王井の頭線

渋谷と吉祥寺をつなぐ人気の路線。都心部へのアクセスが良好で運行本数が多いため、通学・通勤に便利です。各駅周辺には商業施設やおしゃれなカフェなどが建ち並ぶほか、駅から直結している商店街はリーズナブル。若い人だけではなくファミリー層の支持も集めている沿線なのです。

ここでは、井の頭線を代表する下北沢、中央線内で人気のエリアである荻窪・中野・高円寺に加え、吉祥寺からも近いエリアとして栄えている西武新宿線の鷺ノ宮をピックアップしたので、住まい選びの参考にしてみてくださいね。

吉祥寺VS下北沢

「シモキタ」の愛称で親しまれており、バンドマンや劇団員が集まる街として有名な下北沢。中野と並んで「サブカルの聖地」として有名な若者向けの街です。そんな下北沢の住みやすさを調査し、吉祥寺と比較してみました。

「吉祥寺VS下北沢」について詳しくはコチラ>

吉祥寺VS荻窪

文人の与謝野晶子や音楽評論家の大黒田元雄が暮らしていた町として知られている荻窪。「本とクラッシクの街」として有名です。どことなく下町のような空気を感じられるのも魅力の一つ。街の特徴や吉祥寺と比較したときの住みやすさについて詳しく紹介します。

「吉祥寺VS荻窪」について詳しくはコチラ>

吉祥寺VS中野・高円寺

サブカルチャーの街として人気の高い中野・高円寺エリア。「中野ブロードウェイ」や「中野サンプラザ」など、誰もが耳にしたことがある有名スポットが点在しています。若者向けのイメージがある街ですが、吉祥寺と比べてどのような違いがあるのでしょうか?

「吉祥寺VS中野・高円寺」について詳しくはコチラ>

吉祥寺VS鷺ノ宮

急行が走っているため、時間をかけずに新宿へアクセスすることができる鷺ノ宮。物件の相場も安く治安もよい閑静な住宅街が建ち並びます。同じく交通の便がいい吉祥寺と比べて、家族にとって住みやすいのはどちらの街なのか検証しました。

「吉祥寺VS鷺ノ宮」について詳しくはコチラ>

吉祥寺VS練馬

23区でありながら緑も豊富な練馬エリア。都心からの利便性も高く、根強い人気があります。吉祥寺と練馬、どんな違いがあるのでしょうか。街の魅力と、住むべき人たちにスポットを当てました。

「吉祥寺VS練馬」について詳しくはコチラ>

吉祥寺のおすすめ不動産業者ランキング
 
 
pagetop
まかせるならココ! 吉祥寺の不動産売買ガイド

まかせるならココ!吉祥寺の不動産売買ガイド【2017年度版】