まかせるならココ!吉祥寺の不動産売買ガイド【2017年度版】
まかせるならココ!吉祥寺の不動産売買ガイド【2017年度版】

買いたい!売りたい!吉祥寺エリアの不動産探しを徹底サポート

土地売却に強い不動産会社はココ!

吉祥寺の不動産を売却したい人必見!土地売却に強い不動産会社をピックアップ

こちらのページでは、吉祥寺エリアで土地を取り扱う不動産会社の中から、土地の売却時に特に強みを発揮する会社を3社ご紹介します。

目次

吉祥寺で土地売却に強い会社はココ!

会社選びのポイント

まず、「土地売却に強い不動産会社」選びのポイントを紹介します。

売却先をスピーディーに見つけられる地域ネットワークを持っているか。

売却を成功させるカギは「早く買主を見つけることができるか」。高い価格で売りに出しても、買い手がつかなければ売り出し価格を下げざるを得ません。スピーディに買主を見つけ、成約に至るためには地元で買主を見つけるためのネットワークを持っているかが重要になります。

売却エリアでの取引実績が豊富か。

地域でのネットワークの強さを計る一つの指標となるのが、実績。縁が多いことにもなりますし、買い手とマッチングする能力に長けているとも言うことができます。特に吉祥寺は競争も激しく、他のエリアとは異なる特徴を持つ街です。実績があることは会社としての強みにもなりますし、そういった会社にはさらに買い手がつきやすくなります。そのような良い循環ができているかどうかを見定めることが大事です。

こちらを基準に選んだ不動産会社がコチラです!

土地を売るならこの不動産会社!3選

殖産のベスト
強み ●吉祥寺で25年営業してきた実績があり、同エリアに多くの売却ネットワークを持っている。
●地元での折り込みチラシや広告など、多彩な営業方法を持っている。
口コミ 売却に関しても丁寧に、迅速に対応いただき大変助かりました。
資金面や家庭の事情など、私共の事情を理解し、親身になってご対応いただきました。感謝しています。
こちらからのリクエストにいつも応えてくださり、他社と比べても誠実な対応で好感が持てました。すべての面において優れていると思います。

殖産のベストのHPをチェックする

近鉄不動産
強み ●首都圏でも不動産事業を30年近く行ってきた実績あり。取引後にもさまざまなサポートあり。
口コミ 関西出身者です。大阪圏では非常にメジャーな不動産会社なのでここに決めました。 営業マンの対応も迅速・丁寧で、安心しました。選んでよかったです。
近鉄は電車っていうイメージしか無い素人でしたが、土地が魅力的なので、検討しました。

近鉄不動産のHPをチェックする

大京穴吹不動産
強み ●全国に広がる店舗ネットワークを駆使した情報量の多さ。売宅地建物取引士資格を保持するスタッフが多い。
口コミ 近くにあった地元の大京穴吹不動産に仲介をお願いしました。担当者は若い男性で普通のサラリーマンという印象でしたが、若さ故の頑張りが見え、信頼してお願いすることができました。
中古の安い物件なのですが、契約後も何度も電話をくださり、フォローしていただいています。

大京穴吹不動産のHPをチェックする

吉祥寺で土地売却に対応してくれる会社一覧

吉祥寺の土地取引で強みを発揮する会社を紹介しました。大手ならではのネットワークや、地域に密着したネットワークなどその強みはさまざまです。このサイトでは、吉祥寺エリアの不動産売買で強みのある会社さんを紹介しています。査定の前に、まず一度いくつかの会社を回ってみて話を聞いてみるのもよいかもしれません。是非参考にしてみてください。

>>吉祥寺でおすすめの不動産屋さんガイド

吉祥寺の最新土地物件売り出し価格相場

SUUMOから、「吉祥寺駅徒歩15分以内」の土地物件について、売り出し価格価格相場を平均坪単価で紹介します。

【土地物件】売り出し価格相場(平均坪単価)
価格相場
※2017年11月時点
226.5万円/坪

ここからはLIFULL HOME'S(2017年10月)の情報を参考に、吉祥寺周辺の土地情報を紹介しています。本町・南町・北町・東町エリアに分けて、徒歩分数ごとの料金相場をまとめました。

【本町エリア】

■吉祥寺駅から徒歩15分圏内:1億1,890万円

本町エリアの土地物件はLIFULL HOME'Sでは数件しか検索できませんでした。多くが徒歩15分圏内にあります。土地の価格相場が1億円を超えていますが、その理由は土地面積の広さ。3LDK~4LDKほどの大きな家を建てたい人におすすめのエリアです。

【南町エリア】

■吉祥寺駅から徒歩15分圏内:9,242万円

■吉祥寺駅から徒歩20分圏内:8,690万円

井の頭公園がある南町エリアは、最も土地相場が高いのが特徴。もっとも安い37坪ほどの土地でも約7,400万円でした。また吉祥寺駅から徒歩12分の距離にある土地だと約1億580万円程度で購入できます。

【北町エリア】

■吉祥寺駅からバス20分圏内:6,280万円

■三鷹駅から徒歩20分圏内:9,870万円

北町エリアは、吉祥寺の中でも比較的土地が安いのが特徴です。駅から離れているため、バスや自転車を使って駅に向かうのが一般的。場所によっては吉祥寺駅よりも三鷹駅の方が近くなります。北町エリアには武蔵野総合体育館や軟式野球場などがあるので、体を動かすのが好きな人にピッタリの場所です。

【東町エリア】

■吉祥寺駅から徒歩15分圏内:9,300万円

■吉祥寺駅から徒歩20分圏内:9,580万円

武蔵野八幡宮で有名な東町エリアの土地物件は数件ほど。東口は30坪の土地で7,200万円、55坪を超える土地だと1億1,000万円以上と、予算や希望の広さに合った土地を探せます。閑静な住宅街にある土地物件なので、落ち着いた場所に家を建てたい人におすすめの場所です。

吉祥寺の土地事情・相場をチェック>>

土地を売る前に確認しておきたいこと

土地を売却する前に確認しておきたいことがあります。実際の土地の状態と各種資料です。

【土地売却前に確認しておきたい土地の状態】

■大きさや立地

大きさや立地により土地の用途が変わってくるため、買い手も変わってきます。広く住宅を建てるのに適していれば、マンションや戸建てを開発販売している業者、狭い土地なら個人や建売住宅業者、といった具合に買い手もさまざまです。

「一坪いくら」という考え方だけでなく、どのような買い手に適した土地なのかを知り、有利に売却を進められるようにしましょう。

■土地の形状

斜面や埋め立て地だった場合、買い手側が土地の形状を変える工事をするため、価格に影響が出る場合があります。埋め立ての場合は、地盤の状態がどうかも知っておきましょう。

しかし、売り手が土地の形状を整えておく必要はありません。買い手により、理想とする土地の形状が違うためです。

■建築可能な土地かどうか

基本的には仲介してくれる不動産会社などが建築可能な土地かどうか調査してくれます。土地がある場所の都市計画や条例を調べ、どの程度の大きさの建物が建てられるのか、戸建てなら車の出入りはできるのか、などを確認。確認作業に時間を要するため、戸建てやマンションを売るときよりも時間がかかるのが一般的です。

確認事項の次は土地売却の前に揃えておきたい資料についてです。土地は建物が無いため、他の不動産と比べても資料は少な目になっています。

【土地売却の前に確認しておく資料について】

■境界標と境界確認書

境界標は隣地との境界線を示すもの。無ければ土地家屋調査士に依頼し、境界標の設置や境界確認書の作成をしてもらいましょう。境界標が無い場合は、隣地の持ち主とお互いにどこからどこまでが自分の土地なのか認識のすり合わせが必要です。認識を曖昧なままに売却を進めてしまうとトラブルに発展してしまう恐れがあります。

■測量図

手元に無い場合や測量したのが十数年前であれば、新たに測量図を作成しておきましょう。ここ十数年で測量の精度はぐんと上がっているため、古い情報のままだと売り手と買い手の間に齟齬が生まれる可能性が。価格にも影響する部分なので、しっかりと確認しておきましょう。

■ボーリング調査報告書

以前建物が建っていた土地ならば、ボーリング調査をしている可能性がありますので、手元に資料がないか探してみてください。以前の建物が基礎までしっかり解体除去できているかも要チェックです。

買い手が大規模な建築をするつもりの場合、ボーリング調査書があるか無いかによって価格に影響が出ることもあります。

■土壌調査報告書

土地の周辺に化学製品や薬品を扱う施設や工場などがある場合、買い手が土地の汚染を気にすることも。そのような土地の売却の際には前もって調査しておくと良いでしょう。

土地売却での「価格」とは

売却を進めるにあたっては、いくつかの価格が登場します。ここではそれぞれの価格について紹介していきます。

■売却希望価格

売主の希望として提示する価格です。あくまで希望なので、相場を踏まえて売る前に考えておく必要があります。

■査定価格

媒介業者が相場や査定基準をもとに算出した価格。会社や査定の担当によって基準が異なるため、いくつかの会社に査定をとってみるのがよいでしょう。

■売出価格

売主の売却希望額と、業者の査定額をすり合わせた上で決定する価格のことです。この価格で市場に公開されることになります。この価格で売却につながらなければ、下げなければいけないこともあります。

■購入希望価格

指値とも言い、買主が希望する価格です。売出価格よりも低いこともあるため、ここで売主と買主で交渉することもあります。

■成約価格

売主と買主で打ち合わせ、合意に至り実際に契約となる価格。ここの価格がレインズなどにも掲載されることになります。ここから諸費が引かれ、売主のもとに入金される額はここよりも下がります。

土地売却で頼むべきは仲介?買取?

土地を売却には買い手を探してくれる「仲介」と、不動産会社が土地を買い取る「買取」の2つがあります。

  メリット デメリット
仲介 ・高い価格で売却できる ・売れるまでに時間がかかることもある
買取 ・売却までが早い ・買取価格が最大3割程度安くなってしまう

仲介業者に土地を売却する場合

仲介業者を通して土地を売却する場合は、仲介料が発生するものの相場は売却価格の3%に+6万円ほど。高く売れるメリットがあるため、さほど気にならない程度と言えるでしょう。

気になるのが売却スピード。買い手が現れなければ売りようがないため、きちんとお客さんを集めることができる不動産会社を選ぶことがポイントです。

買取業者に土地を売却する場合

不動産会社が土地を直接買い取ってくれる買取は、売却スピードの早さがメリットです。しかし、仲介業者に頼むよりも価格が下がる可能性があるため、早急に現金化したい場合には買取業者に売却するのがいいでしょう。

高く売りたいなら「仲介」がおすすめ

仲介と売却を選ぶ基準は「お金を取るか時間を取るか」です。売れるまで多少の時間がかかっても、高く売れる方が良いなら「仲介」に強い不動産会社に相談してみましょう。土地によっては大手不動産会社よりも地元での実績がある業者の方が、早く買い手を見つけてきてくれることも。仲介業者を選ぶところから、土地売却が上手くいくかどうかが決まるといっても過言ではありません。

吉祥寺の土地売却価格相場

吉祥寺の土地は、どれぐらいの価格で取引されているのでしょうか。「土地購入に強い不動産会社はココ!」ページで物件例も紹介していますが、だいたい8000万円~1億円が相場になります。駅から徒歩20分ほどの物件になると、5000万円程度のものもありますが、駅に近づくと2億円を超えるものも出てきます。

坪単価で言えば、駅周辺は200万円を下りません。離れたエリアでも150万円ほどです。吉祥寺ブランドはかなり価値がつくため、多少アクセスが悪くても取引価格には影響は出なそうです。

さらに細かいエリアごとに、物件相場を見ていきましょう。

吉祥寺本町

約1822万円(1坪あたり)

吉祥寺本町は、吉祥寺エリアでも最も相場が高いエリアです。吉祥寺駅北側のサンロード商店街などの繁華街を含む、五日市街道までのエリアとなっています。

住宅街とは言いづらいですが、商業施設等が多く立ち並ぶことと駅までの距離を考えれば、相場の高さもうなずけます。ただ、吉祥寺本町でも西側のエリアは比較的住宅街が広がっており、三鷹駅に近いエリアなども利便性が高く人気があるようです。

吉祥寺南町

約971万円(1坪あたり)

吉祥寺駅南口から立教女学院、松庵小学校あたりまでのエリアが吉祥寺南町。真ん中を井の頭通りが貫いていますが、その周囲には住宅街が広がります。

吉祥寺駅だけでなく、井の頭公園駅や西荻窪駅に近いエリアもあり、アクセス的にも利便性は高いです。吉祥寺の顔とも言える井の頭恩賜公園も吉祥寺南町と接しており、自然にも触れられるエリアとなっています。

吉祥寺東町

約895万円(1坪あたり)

吉祥寺東町は、吉祥寺駅から北東方向、武蔵野八幡宮から東京女子大学までのエリアとなっています。駅前の繁華街を抜けた、閑静な住宅街です。

吉祥寺東町の東端は、どちらかというと西荻窪駅に近くなっており杉並区と接しています。吉祥寺駅からはやや遠いエリアも含みますが、公園なども多く落ち着いた印象を受けます。

本町や南町に比べると、相場も下がる印象です。住む環境としては申し分なく、宅地も非常に多くなっています。

吉祥寺北町

約503万円(1坪あたり)

武蔵野八幡宮から北西のエリア、成蹊大学を含む住宅街が吉祥寺北町です。

吉祥寺駅からはやや距離があり、最も近いエリアでも徒歩10分弱程度はかかってしまいます。

ただ、繁華街からは離れているため非常に閑静です。広いエリアではないですが、小学校が3つあり子育てにも向いている場所と言えるでしょう。

売却にかかる手数料は?

仲介手数料は、もちろん会社によって異なります。上限額は、200万円までの部分が5%、200万円~400万円が4%、400万円を超える部分が3%となっています。仮に1億円の土地を売却したときにかかる上限の手数料は、306万円程度ということになります。

中には、仲介手数料無料や半額といったキャンペーンをしている会社をしているところもあります。しかしながら、実際に売却で重要なのは「スピーディに売却できるか」「高く売却できるか」です。吉祥寺の物件を売却するのであれば、吉祥寺という地域に強みを持つ会社に依頼するのが安心といえるでしょう。

吉祥寺の土地売却で気を付けたいこと

土地を売却する際には、知っておかないとトラブルになってしまうケースもあります。売却で注意すべきことを確認しておき、スムーズに売却できるように準備しておきましょう。

査定額に惑わされない

土地売却の最初のステップとして、不動産会社に査定をお願いするという工程があります。自分の持つ土地の価値を知る意味でも、非常に重要なステップです。

同じ物件であっても、査定額は不動産会社によってバラバラです。仲介の場合と、買取の場合で異なることや、物件を見る目も異なります。特に、需要の高い吉祥寺の物件ともなれば、成約させたいと思う不動産会社も多いはず。相場よりも高く見積もる会社がいてもおかしくはありません。

査定額が高いという理由で不動産会社を選んでしまうのは非常に危険です。売りに出してから、徐々に売却額を下げていく場合もあり、結果的に自分の思うような価格で売却できなかったという声も耳にします。

そもそも、売却するためには買主が見つからないといけません。重要なのは、買主さんを見つけてきてくれる地域のネットワーク。地域密着で吉祥寺エリアに強い不動産会社にしろ、全国に多く販路を持つ大手不動産会社にしろ、成約につなげてくれるかが見極めどころとなります。

査定額ではなく、安心してお願いできる不動産会社を見つける必要がありますね。

売却にかかる費用

売却にあたっては、仲介手数料以外にも費用がかかってきます。特に税金は、種類も多く複雑です。費用がどれくらいかかるかを把握しておかないと、実際に受け取る金額を計算できません。

主な税金は、印紙税・登録免許税・譲渡所得税。登録免許税や譲渡所得税は、売主負担にならないケースもあるため、逆にチェックしておかなければ気付かぬうちに税金がかかっていた…ということになりかねません。

印紙税は、契約書に貼り付ける印紙にかかる代金。必ずかかってきます。取引額に比べれば大きな額ではありませんが、見落としは厳禁です。

登録免許税は、ローンの抵当権を抹消するときと、住所変更が必要なときに発生します。それぞれの額自体は大きくありませんが、登記を司法書士にお願いする場合、別途費用がかかることになります。

譲渡所得税は売却益が発生したときにかかる税金です。物件を5年以上所有していたか否かで、税率が変わってきます。これは売却の翌年に、確定申告で納付することになっています。

これ以外にも、売却にあたっては細かい費用や税金がかかるケースがあります。契約を進めるにあたって、不動産会社と相談して漏れのないように進めていきましょう。

契約後の注意点

買主と合意し、契約に至ったあとも注意しなければいけない点があります。

■契約を白紙にするときにお金がかかる

売主側の事情で契約をとりやめる場合、買主にお金を払わなければいけません。買主からは事前に手付金をもらうわけですが、それを返却した上で同額を支払わなければいけません。逆に買主都合での契約破棄の場合は、買主は手付金を手放す形になります。

■買主がローン審査に落ちてしまう場合

購入する際のローン審査は、売買契約書が必要になる関係で契約が成立したあとに行われます。そのため、契約後にローン審査が通らず契約が白紙になるということがあります。通常、ローン特約というものを結び、ローン審査に落ちた場合は無条件で契約を白紙に戻すことになっているため、売主としては従うほかありません。買主の信頼性などもしっかり見ておく必要があります。

信頼できる担当者かどうか

土地売却では、信頼できる不動産会社を選ぶのはもちろんですが、責任を持って土地を売却してくれる担当者選びも重要です。もしやる気のない担当者や販売経験が乏しい担当者に当たると、適正価格での売却はおろか、売れるまでの期間が長引いてしまうことも。

また、購入希望者との交渉や契約書などの作成・手続きは全て不動産会社の担当者が行ないます。これらの重要な作業は信頼できる担当者に任せるようにしてください。

信頼できる担当者であるかは以下のようなポイントで判断することができます。

金額査定の報告で、金額の根拠を詳細に伝えてくれるか

決して査定内容をあやふやにせず、自分が納得できるまで質問するようにしてください。金額の根拠をきちんと明示できない担当者を選ばないようにしましょう。

自分にあった売却プランを提案してくれるか

土地を高く売ったり早く売ったりするためには、知識や経験が必要です。自分の条件と土地相場などを総合的に見て、しっかりした売却プランを提案してくれる担当者を選びましょう。

他にも、「丁寧に確認事項を説明・対応してくれるか」「きちんとした手順で媒介契約を提示してくれるか」なども担当者選びのポイントです。

媒介契約とは、売却・購入の仲介を依頼する場合に不動産会社とする契約のこと。売主と不動産業者の依頼関係を明確にして権利や義務が発生します。

売却時の注意点

売却する不動産の状況や種類に応じた注意点について紹介します。

土地の表記を確認する

土地の売却をスムーズに行なうためには、自分の売却する土地について詳しく把握しておかなければいけません。広さ・境界・権利関係・地盤・土壌・用途地域など、売却時に関わる土地情報はさまざま。

その際に注意してほしいのは、「表記と土地の実態は全て一致しているわけではない」ということです。

不動産登記簿を見てみると、所在・地番・地名(土地の用途)地積(広さ)・所有関係や担保設定が表記されています。しかし登記された時期が古かったりすると、境界が異なる場合や測量が正しくない場合があるのです。そのため土地を売却する際は境界や広さなどを明確にして、表記の実態が間違っていないか確認しましょう。境界や広さの調査は専門家に依頼して行うのが一般的。とくに土地の所有権を示す登記簿の「甲区」は届け出る義務がないため古い表記のままであることがあります。

相続した土地を売却する

吉祥寺での土地売却を考えている人の中には、相続した土地を売却したいと考えている方もいらっしゃることでしょう。相続した土地を売却する際には、また別に気をつけなければいけないポイントがあります。詳しく見ていきましょう。

事前に相続登記の手続きをしましょう

物件の名義が亡くなった人のままですと、売却することができません。相続登記じたいは義務ではないのですが、売却する場合や担保にする場合などは登記の手続きが必要になります。

登記に関しては法務局を通して行うものになるので、司法書士などに依頼するのが通常です。登記簿謄本や住民票などを取得する、申請書類の作成などやらなければいけないことが多いので、早めに準備しておくようにしましょう。

早めの売却がお得

相続した土地の売却には特例があり、「相続した土地分の相続税は売却の経費として計上できる」と定められています。相続税分が売却益から引かれることになるため、譲渡所得税が低く抑えられるというギミックです。

ただ、この特例には条件があり、その条件の一つが「相続税申告期限の翌日から3年以内に土地を譲渡していること」となっています。土地が売却できて、譲渡するまでも時間がかかります。早い段階で検討するようにしましょう。

売却も選択肢にある場合はまず相談しましょう

相続した土地をどうすべきか分からない…という人は、やはり専門家に相談しましょう。相続なので、やはり弁護士系の事務所がベスト。土地を売却する可能性が高いという方は、不動産会社に相談するのもよいでしょう。実績のある不動産会社であれば、相続の絡んだ土地売却にも強いです。土地活用といった選択肢についても、聞くことができる可能性があります。

税金などを安く抑えるためにも、早めに動くのが吉です。法律事務所や不動産会社をあたって、スムーズに相続・売却ができるように準備しておきましょう。

現存している古家を利用した土地売却アプローチ

土地売却時、建物を取り壊し更地にしてから売りに出すのがセオリー。しかし、古家を使うことで幅広い買い手へアプローチすることが可能です。ここでは土地を売る際に古家を利用する方法を紹介します。

■家を建てた場合のシミュレーションとして利用する

買い手が「家を建てたらどうなるのか」のシミュレーションとして残しておく方法。日当たりや隣家との距離などを実際に見てもらえます。頭の中でイメージするよりもリアルに家を建てたらどうなるのか感じることが可能。買い手にとって有益な情報となり、売却がスムーズにいく可能性があります。

■新しく家を建てるよりリフォームやリノベーションの方がお得

古家を残しておくことで「なるべく費用を抑えたい」層へアプローチする方法。家を建てる場合、土地代が6000万円なら建物と合わせると1億円近い費用が必要です。しかし、現存している古家をリフォーム・リノベーションして利用することで、費用総額を抑えることが可能になりますよ、とアプローチできます。また、土地だけだと住宅ローンは組めないのですが、古家が残っているとローンを利用できるため、より幅広い層へアプローチが可能です。

■価格交渉の材料として利用する

家屋を残して土地を売却した場合、家の取り壊し費用は買い手負担。当然、土地の価格の値下げを要求してくるでしょう。本来、更地として売り出す予定だったのなら、建物の解体費用は売り主負担。値下げ要求に対し「こちらで建物は撤去するので、○○円でどうですか?」という交渉に使えるわけです。

土地売却の際に、必ず更地にしなくてはいけないわけではありません。家を残したうえで、優位な土地売却を進めることも可能であることを知っておきましょう。

吉祥寺で土地を売却した人の口コミ

吉祥寺で土地を売却した人の口コミを掲載していきます。不動産会社の担当者とのやりとりや、苦労したことなどから会社の選び方についても見えてくることがあるかもしれません。

相続した物件を売却しました。いくつかの会社に査定を出したのですが、決め手は査定額というよりも担当さんが親身になってくれたことでした。成約額は査定の時よりも下がってしまったのですが、担当さんの頑張りを考えると大きな不満には感じていません。売却までの期間も希望通りでしたし、売却後の対応も良かったです。

家が古くなってきたこともあり、売却を検討。地主さんに地元に強い会社さんを紹介してもらいました。迅速で丁寧な対応が印象的で、地元に根強いネットワークを持っていることには安心感を覚えることができました。タイミングが合えばまたお願いするかもしれません。

吉祥寺の土地売却に強い会社をもう一度チェック!

関連するページ

吉祥寺のおすすめ不動産業者ランキング
 
 
pagetop
まかせるならココ! 吉祥寺の不動産売買ガイド

まかせるならココ!吉祥寺の不動産売買ガイド【2017年度版】