まかせるならココ!吉祥寺の不動産売買ガイド【2017年度版】
まかせるならココ!吉祥寺の不動産売買ガイド【2017年度版】

買いたい!売りたい!吉祥寺エリアの不動産探しを徹底サポート

一戸建て売却に強い不動産会社はココ!

一戸建てを売却したい!吉祥寺で不動産売却時に頼りになる不動産会社をピックアップ

こちらのページでは、吉祥寺で一戸建て物件(新築・中古)を取り扱う不動産会社の中から、特に不動産売却時に強みを発揮する会社BEST3を選定し、ご紹介していきます。

一戸建てを売るならこの不動産会社!3選

殖産のベスト
強み ●吉祥寺エリアでの知名度は抜群で、地場のネットワークを駆使した営業ができる。
●地元の地価や相場に精通しているので、適正な価格での売却が期待できる。
●無理な契約勧誘はなく、家族連れや子供連れでも相談できるアットホームな会社。
口コミ 値引きの可能性や値引く場合の金額まで、こちらが気づけない点も細かくリードして教えていただけました。
こちらの立場に立ったメリット・デメリットの説明がよかったです。接客態度も毎回よく、担当者以外の方もみなさん親切で丁寧でした。
地域の情報にとても詳しく、物件の相場についても教えてもらえたのがよかったです。

殖産のベストのHPをチェックする

東宝ハウス武蔵野
強み

●武蔵野エリアを幅広くカバーしており、売却先にも多くのパイプを持つ。
●売却相談に力を入れており、HPに無料査定フォームもある。

口コミ こちらで契約しました。 大手さんより情報は早かったですし、問い合わせをして良かったと思います。
地域のニーズを把握していて、売却がスピーディーに行えた。

東宝ハウス武蔵野のHPをチェックする

野村不動産アーバンネット
強み ●買い替え売却の際に一時的な資金を貸出する「つなぎ融資」を実施。
●大手ならではのネットワークがあり、法人相手の売却もできる。
口コミ 市場の動向の把握が的確だと思った。
担当者のレスポンスが早かったことに好感を持ちました。良い顧客網をもっており、思った以上に高く売れたのがよかったです。

野村不動産アーバンネットのHPをチェックする

吉祥寺で戸建て売却に対応してくれる会社一覧

ここでは、戸建て売却に応じてくれる吉祥寺の不動産屋さんを一覧で紹介します。

これ以外にも、吉祥寺で戸建て売却の仲介をしてくれる会社はありますが、ここに掲載したのはサイトでもおすすめしている実力のある不動産会社さんばかりです。戸建て売却には購入検討者数や地域ネットワークなど、確認すべきポイントがいくつかありますが、気になる会社さんがあればまずは査定に出してみるのもよいでしょう。

戸建ての売買どちらにも強い会社さんもあわせて紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

>>吉祥寺でおすすめの不動産屋さんガイド

吉祥寺の最新戸建て物件成約価格相場

レインズマーケットインフォメーションから、「吉祥寺駅徒歩15分以内」「築5年以内」の戸建て物件について、直近6カ月間での成約価格相場を紹介します。

【戸建て物件】成約価格相場
価格相場
※2017年11月時点
7944万円

【新築戸建て物件】成約価格相場

7,550万円

※2017年10月時点

吉祥寺周辺で売りに出ている新築住宅は非常に少ないうえに、本町・北町・東町・南町といった各エリアによっても相場が異なります。人気エリアなのでネットに上がってこない情報も多いため、新築戸建てを探している人は不動産会社に相談することをおすすめします。吉祥寺の物件に詳しい地元の不動産会社ならいち早く物件情報が入ってくるため、希望に沿った物件を提案してくれるでしょう。

【中古戸建て物件】成約価格相場

8,105万円

※2017年10月時点

吉祥寺周辺の本町、北町、東町、南町エリアでは、中古戸建て物件が多く販売されています。ここで出した価格は4つのエリアすべての平均値ですが、各エリアによって成約価格は変わるもの。住みたいエリアに絞って相場を確認してみてください。条件の良い物件を探すためには、周辺エリアにも強い不動産会社へ相談することをおすすめします。

【駅チカ物件】成約価格相場

  • 10分圏内:8,433万円
  • 20分圏内:8,040万円

※2017年10月時点

駅から近い物件は価格相場も上昇傾向にあります。吉祥寺周辺は人気エリアのため、駅に近くなるほど競争率が高く売られている物件数も減少。吉祥寺駅から徒歩10分圏内のところに住めば移動しやすいですが、物件を探すのは大変です。徒歩20分圏内であれば、物件数が多くなるため、理想の物件を探しやすくなります。

【間取り別の】成約価格相場

  • 2LDK:7,700万円
  • 3LDK:7,300万円
  • 4LDK:7,540万円

※2017年10月時点

吉祥寺周辺エリアの間取りごとの成約価格相場は上記の通り。平均値を出してみると、エリアごとの価格差が影響して2LDK物件の価格の方が高くなってしまいました。物件の比較的多い東町の2LDKの物件は5,000万円。人気エリアの南町の物件は1億1,200万円です。しかし、相場はあくまで目安でしかありません。希望に合った予算内の物件と出会える可能性もゼロではないでしょう。

戸建て売却で重視すべきポイントとは

戸建て売却が初めてという方だと、どういう基準で戸建て売却を進めればよいか分からないという方もいらっしゃるはずです。戸建て売却でチェックするべきポイントを簡単にまとめていますので、参考にしてください。

売却価格

売却に際して、最重要とも言えるのはやはり価格。もちろん安ければ安いほど買い手もつきやすいですが、売る側としては少しでも高く売りたいところ。住み替えを考えていたり、ローンが残っていたりする場合はなおさらです。

とはいえ、購入したときの価格で売却ができることは稀と考えてよいでしょう。住みたいと考える人の多い吉祥寺であっても、です。結局は需要と相場を見極めた価格設定が重要となります。その物件を欲しいと思う人がいるかどうか、欲しいという人なら、どれぐらいの価格までなら購入してくれるのか、など見るべきポイントは価格の中でも多いです。吉祥寺という土地の特性を把握した不動産会社に依頼し、需要と相場を押さえた価格設定をしましょう。

売却までの期間

戸建ての売却はマンションなどよりも時間がかかると言われています。売りに出してから平均で一年弱ぐらいかかると思って問題ないでしょう。とは言え、住み替えなどを考えている場合は悠長に待っていることも難しいことがあります。

売りに出している期間が長ければ長いほど、売却価格を下げていかなければいけません。それに、実は売りに出した瞬間はかなり売れやすいのです。自分の物件が、買主にとって希望条件にマッチする物件であれば、契約につながりやすいからです。重要なのは、最初のタイミングで適正価格で売りに出すこと。欲を出して高く売ろうとするのではなく、相場にみあった価格で売りに出すことで成約につながりやすくなります。

買主とのコミュニケーション

売却は、購入希望者があらわれてからが本番と言っても過言ではありません。購入希望者との条件のすり合わせで、成約につながるかどうかが決まります。購入を希望してくれても、細かい契約の部分などで折り合わず成約まで至らなければ意味がありません。

仲介に入ってくれる会社が、買主からどれぐらい信用されているかも重要ですし、仲介会社にこちらがどれだけ情報共有できているかも重要です。物件のことをきちんと伝え、買主さんにも納得してもらえるような売却を進めることを心がけましょう。

会社選びのポイント

上に挙げた「一戸建て売却に強い不動産会社」選びのポイントを紹介します。

地元で売却先を探せる強固なネットワークを持っているか

売却で成約につなげるためには、買主といかに早くマッチングしてくれるかが重要です。売りに出している期間が長ければ長いほど価格が下がっていくリスクも高いため、早い段階で購入を希望する人を見つけるのが先決。吉祥寺は人気も高いですが、確実に成約に結び付ける意味でも吉祥寺というエリアへの強さも重要になります。

売却者の希望と物件の相場を鑑みた、適正な査定ができるか。

売りに出したい希望額と、実際に売れる価格は常に変わります。売り出し価格が高いと売りづらくなりますが、少しでも高く売却できることに越したことはありません。物件をよく見て、売主側にも買主側にも納得のいく説明ができる査定額を提示できる会社が強いと言えます。地域の情報にも強く、変動する相場を抑えた会社であることが極めて重要でしょう。

スムーズな売却交渉を実現する接客力があるか。

買主を見つけてくるネットワーク、適正な査定額があっても、担当として信用できる会社でなければ成約率は下がってしまうでしょう。こればかりは会社だけではなく担当者によって変わることがありますが、売却までの間長くお付き合いをする担当であれば誠実な対応をしてもらう必要があります。実際に対応してもらって、信頼がおけるかどうかを見極めなければいけません。

吉祥寺で土地売却に強い会社をチェック>>

吉祥寺エリアの特徴から見る戸建て売却事情

住みたい街ランキングで常に上位に選ばれる「吉祥寺」。人気の理由として、交通アクセスの良さ・商業施設の充実・公園や自然の多さが挙げられます。

交通アクセスが良好

吉祥寺駅を起点に、市内外へ行き来しやすいのが魅力の1つ。電車は「JR中央本線」と「京王井の頭線」の2路線が利用でき、隣接している練馬区や杉並区への路線バスも充実しています。

駅ではタクシーがつかまえやすく、100円で乗車できるコミュニティーバスも運行しているため、市内での移動手段にも困りません。

充実した商業施設でショッピング

吉祥寺エリアは大型の商業施設がかなり充実していて、満足いくまでショッピングが楽しめます。

吉祥寺駅から徒歩3分圏内には「吉祥寺PARCO」「コピス吉祥寺」「丸井 吉祥寺店」などがあり、24時間営業の「ドン・キホーテ 吉祥寺店」も。駅近でこれだけ商業施設が充実していれば、休日に限らず、仕事帰りに買い物することができます。

駅から8分ほどあるけば、有名デパートの「東急百貨店 吉祥寺店」もあるので、大切な人へのプレゼント選びに利用できますよ。

自然豊かな公園がある環境

アクセスや商業施設が充実していると忙しないエリアのように感じますが、多くの人が知っている「井の頭公園」があるのも吉祥寺です。公園内には500本近くの桜が植えられています。

街中には緑が多く、自然を感じられる場所があちこちに。都会の街並みに疲れたら木々の下でひと息つけるのも見逃せないポイントです。

根強いブランド力がある「吉祥寺」は戸建て売却が成功しやすい!

住みやすい環境から、戸建て売却で買主がつきやすい吉祥寺エリア。隣接している練馬区や三鷹市でも「吉祥寺」の名前がつく物件があるほど、強いブランド力を誇っています。

中古物件の取引が多いのも特徴で、三鷹駅周辺が78件なのに対して吉祥寺駅周辺は86件。商業施設が多く利便性が高いため、吉祥寺での売却はうまくいきやすいと言われています。

売り出し価格が1億円を超える物件はどんなもの?

吉祥寺で1億円以上で取引される物件は、土地面積が130㎡を超えているものがほとんどです。吉祥寺駅からの距離はあまり関係なく、駅から徒歩20分程度でも、広い土地に建つ物件であればそれだけ売り出し価格も上がります。逆に、駅から近くても狭小住宅のような物件であれば価格は下がっていくので、売り込む際に強みを伝えていく必要があります。土地面積や建物面積、アクセスなどを考慮して相場を把握するようにしたいですね。

売却時に用意しておくべき書類とは?

スピーディに売却するために欠かせない、書類の準備。不動産会社とのやりとりをする前に、各書類を準備しておくと手続きなどがスムーズになります。

  • 身分証明書
  • 印鑑証明書
  • 登記済権利書または登記識別情報
  • 固定資産税納税通知書または固定資産税評価証明書
  • 土地測量図
  • 建築確認済証
  • 建築設計図書・工事記録書

上記のほかにも、買主が気になる情報が記載されている書類があれば準備しておく必要があります。買主や不動産業者による物件調査の時間を少しでも短縮することが、スピーディな売却にもつながります。売却を少しでも検討するのであれば、まずは上記の書類がないか確認してみましょう。

一括査定サイトで下調べ

売却準備を進める前に一括査定サイトを覗いてみましょう。一戸建ての大まかな売却相場について調べられます。ただし、提示される売却価格はあくまで目安です。利用できるサービスは簡易的な査定に過ぎないので、一括査定サイトの結果だけで売却する不動産会社を決めるのはやめておきましょう。

一括査定サイトとは

一括査定サイトを利用すると売却する不動産の査定を複数の不動産会社に対して同時に行なえます。最近は不動産売却以外にも、車や保険、ホテルの予約サイトなどで同じようなシステムを見かけますね。一括査定サイトは無料で利用できるため人気を集め、今や利用するのが常識と言えるでしょう。

一括査定サイトの使い方

一括査定サイトの利用方法は簡単です。入力フォームに情報を入れていき、査定を希望する不動産会社を選択。情報が各社へ送信され、のちほど不動産会社から連絡が来るかたちになります。入力フォームへ一度入力すると、複数の不動産会社へ同じ情報が送信されることになりますので手間が少なく便利なシステムです。

一括査定サイトに登録されている複数の不動産会社は同業のライバル社。当然サイト内で価格競争が起こり、価格が上がりやすくなります。なかには想像以上に価格が跳ね上がる場合もあるでしょう。一括査定サイトによっては20~30社の不動産会社が登録されていて、査定価格も様々な結果が確認できます。

一括査定サイトの注意点

売却価格はあくまで過去のデータと比べて導き出された参考価格です。実際に物件を見ているわけではありませんので契約を進めている最中、価格が大幅に変わることがよくあります。査定しているのも資格を持った担当者とは限りません。

一括査定サイトは売却相場を知る上では非常に役立つサービスですが、価格は参考程度に考えましょう。実際に担当者の話を聞いてみて、信頼できる不動産会社を見つけることが最も重要です。

吉祥寺の戸建て売却相場を調べる

不動産会社へ査定を依頼する前に、まずは自分で相場を調べておきましょう。ここでは相場を調べる方法をいくつかご紹介します。

レインズ マーケット インフォメーション

指定流通機構(REINS)が運営する、不動産取引に関する情報を共有しているサイトです。ここでは実際に契約が成立した物件価格が掲載されています。自分の物件と条件が似ているものがあれば、かなり参考になるはずです。無料で利用でき、信頼性も高い情報を閲覧することができます。

土地総合情報システム

国土交通省が運営しています。レインズと同様、こちらも実際の成約価格が確認できます。取引時期などを指定することもでき、相場がどのように移ろっているかも知ることができる優れものです。

各種ポータルサイト

SUUMOやHOME'Sといった、物件を多数掲載しているサイトも参考にすることができます。これらはあくまで売り出し価格のため、契約時には変動することが考えられますが、物件数もかなりありどんな物件がよく取引されているかを確認することができます。

相場を確認したら、複数業者に問い合わせてみましょう

インターネットで相場を調べ、自分の物件がだいたいどれぐらいで取引されているかが分かったら、次は不動産会社での査定です。

重要なのは、複数の会社に査定を出すこと。大手不動産会社と地域密着型の不動産会社でも査定額が異なることがありますし、会社によって目をつけるポイントも異なってきます。

不動産会社が仲介をしてくれるのか買取をしてくれるのかによっても変わります。いずれにせよ、少しでも高い価格で売却したいのであれば一社に決めず、より多くの不動産会社に問い合わせてみるのがよいでしょう。

内覧に備えて準備しておくこと

売却価格を上げるためには内覧の準備も欠かせません。信頼できる不動産会社が見つかったら、次に内覧希望者が来ることを考えて準備をしておきましょう。いくら書類上優れた物件であっても、見た目が悪ければ売れにくくなるのは当然。購入を希望する人に良い印象を与えることで売買交渉も有利にすすめられるでしょう。押さえておくべきポイントをご紹介します。

照明に気をつかう

内覧を行なう際には照明を全てつけて明るくすることはもちろん、光の色調に気を付けて選びましょう。不動産の売却時には基本的に部屋を明るく見せることが大事です。まぶしすぎるのはもちろんNGですが出来るだけ明るい色を選び、部屋に暗い部分が見つからないように照明を追加しておきましょう。部屋の印象をよくするには自然光が最も効果的です。事前に太陽の光を確認し、明るさのバランスを考えて照明を配置しておきます。

部屋整理

内覧前には当然のことですが、意外とできていない場合が多いようです。まだ実際に住んでいる家であれば、部屋の片付けも思うように進まないもの。ですが、部屋の印象は価格の交渉に直接影響してくる要素ですので最も力を入れるべきポイントなのです。念入りに整理・清掃し、家を大事に利用している印象を内覧者に与えましょう。

内覧者への対応

物件の見学に来た人への対応方法も十分気を使わなくてはなりません。売り手側が巧みな話術でセールストークを発揮しても内覧者は良いイメージを持たないでしょう。必死に売り込もうとしても逆効果です。内覧者に対して媚びる必要もありません。聞かれた質問に対し、できる限り丁寧に答えられるよう家のことをよく把握しておきましょう。清潔感のある服装で、誠実な印象を内覧者に与えることが大切です。

戸建てを買い替える場合、売却と購入どちらを先に進めるべき?

買い替えの場合は売却だけでなく、購入のタイミングについても考えなければいけません。予算が決まっているのであれば売却を先に、住み替える時期が決まっている場合は購入が先と条件によってタイミングは異なります。それぞれのリスクを考えて、売却・購入のタイミングを決めていきましょう。

同時に進める場合

売却と購入が同時期になることに越したことはありません。その場合、売却側も購入側も契約時期を調整していく必要があります。うまくいけばよいですが、契約の進行具合や交渉次第で変わってしまうこともしばしば。焦って契約が白紙になってしまった場合などには、非常にリカバリーが難しくなる場合もあります。

購入を先に進める

住み替え先の物件を先に購入しておく場合は、住み替えは非常にスムーズです。ただし、物件を売却した資金を購入に充てる予定の場合は調整が必要になります。万が一、期待していたよりも売却の成約価格が低くなってしまうと資金繰りが難しくなるなどのリスクも存在します。

売却を先に進める

購入を先に進めた場合とは逆に、資金計画は立てやすくなります。ただし、現在の物件の受け渡しの時期と住み替えまでに間が空く場合も考えられ、その場合は一時的に賃貸物件に住まうなどといった別のコストがかかる可能性も。間が空きすぎないよう、タイミングを調整する必要があります。

ローンが残っている場合の物件の売却方法とは

物件を手放す時に備えて、ローンが残っている戸建て住宅の売却について調べました。長く住むつもりで家を購入しても、諸事情により手放すことになることもあるかもしれません。事前に必要な手続きを行なっておきましょう。

物件の抵当権を抹消する

抵当権というのは、ローンの返済が滞ってしまったときに金融機関が物件を差し押さえて競売にかけられる権利のこと。抵当権が設定されたままでも物件を売却できますが、差し押さえられる可能性がある物件はなかなか売れません。すぐに買い手を見つけるためには、抵当権を抹消するのがベター。そのためには、ローンを完済する必要があります。

ローンを一括で返済できる費用があればいいのですが、経済状況によっては難しい場合もあるでしょう。抵当権を抹消するために、いったん物件を売却してから代金を受け取りローンの残高を精算する方法があります。取引相手との交渉も必要になるので、抹消する際はトラブルにならないよう交渉に強い不動産会社に仲介してもらいましょう。

新規ローンに上乗せする

住宅を買い替える場合、新規ローンに今までのローンを上乗せすることもできます。売却した差額で抵当権を抹消することができれば理想なのですが、ローンを上回る金額で売れるとは限りません。場合によってはマイナスになってしまう可能性も。差額を自己資金で補う必要がありますが、それでも間に合わない時には新しいローンへ上乗せする必要があります。ただし、借り入れる金額が大きくなるので借入審査もより厳しくなりますし、本当に完済できるかどうかを慎重に考えなければなりません。

戸建て物件の相場を把握しておく

売りたい戸建て物件の相場を把握しておくことで、物件をできるだけ高く売却できます。もちろん自分で調べることが大切ですが、物件の周辺地域に強い不動産会社に相談するのもおすすめです。土地勘のある会社に相談することで、的確なアドバイスが受けられるでしょう。

吉祥寺での戸建て売却で失敗しないためのポイント

戸建て物件を売却するにあたっては、「高く売れること」そして「確実に売れること」、この二点が最重要になります。

高く売るためには、相場を知ってから査定に出すのはもちろんのこと、その査定額に惑わされないことが重要になります。もちろん、査定額を高くつけてくれる不動産会社さんは物件を評価してくれている証拠ですし、悪くはないことです。しかしながら売却するにあたっては売り出し価格を徐々に下げていく場合もありますし、査定額が全てではありません。査定額を出してもらったら、なぜその査定額をつけてくれたのかを聞いてみるようにしましょう。その根拠が納得のいくものであれば、安心してお願いすることができますよね。

次に、確実に売るためには不動産会社の持つネットワークが重要。買い手が見つからなければ、売りに出したところで契約にはなりません。大手で全国に広くネットワークを持っている、地域密着で地域に深いネットワークを持っているなど特徴はさまざまです。吉祥寺であれば全国的に人気のある街ですが、地域ならではの特徴も散見されます。どういった契約ルートを持っているかを探って、信頼できる会社さんにお願いするようにしましょう。

吉祥寺の戸建て売却に強い会社をもう一度チェック!

吉祥寺のおすすめ不動産業者ランキング
 
 
pagetop
まかせるならココ! 吉祥寺の不動産売買ガイド

まかせるならココ!吉祥寺の不動産売買ガイド【2017年度版】