まかせるならココ!吉祥寺の不動産売買ガイド
まかせるならココ!吉祥寺の不動産売買ガイド

買いたい!売りたい!吉祥寺エリアの不動産探しを徹底サポート

ローンや資金相談に優れた会社を選ぶ

こちらのページでは、不動産会社の中でも、ローンや資金について手厚くケアしてくれる会社を選ぶ必要性についてご説明していきます。

そもそも住宅ローンはどうやって組めばいいのか

住宅ローンは大きく分けて3種類あります。銀行ローンが主体の「民間融資」・国や地方自治体がバックアップする「公的融資」・民間融資と公的融資の間に位置する協調融資の3つです。住宅ローンには民間のローン会社が豊富にあるため、自分のライフプランに合った金融機関を選んでローンを組むことが大切。金融機関選びには、金利や付加サービスなどの情報収集が成功のカギとも言えます。

3種類の住宅ローンについてチェックして、自分に合ったものを選びましょう。

民間融資とは

民間融資とは、銀行ローンを主体に住宅ローン専門会社や生命保険会社などの民間企業を通して金融機関から住宅購入に関するお金を融資してもらうことです。特に銀行の住宅ローンは多いため、選択肢の幅広さが特徴。金融機関によって独自のサービスを提供しており、金利や諸費用、返済方法が違います。

例えば最近勢いのあるネット銀行の中には、手続きをすべてネット上で行えるだけでなく、手数料を抑えた住宅ローンや自社・関連会社の付加サービスを受けられる特典が付くものも。住宅ローンに関する書類を自分で集める手間はかかりますが、低金利・低コストに抑えることが可能です。

民間融資の金利は3.0%~17%と幅があるので、しっかりと調べて自分に合う住宅ローンを組める民間融資会社を見つけましょう。

担保を確保できるなら金利面や条件面で有利となるため、有担保ローンがおすすめです。お金を貸す側のリスクが小さくなるので、融資を受けやすくなりますよ。

公的融資とは

公的融資とは国や地方自治体などの公的機関が中小企業や個人事業主、開業予定者のバックアップを目的とした融資制度です。中でも、マイホームの購入資金を貯めるためのお金を給料やボーナスなら天引きする制度「財形住宅貯蓄」を利用すると、住宅を取得するために必要な金額の80%まで借りることができるうえに、利子非課税になるメリットも。財形貯蓄を始めてから1年以上経過しており、残高が50万円以上あれば利用できますよ。

公的融資制度を設置している主な機関は3つです。

  • 日本政策金融公庫
    日本政策金融公庫は個人や中小企業、農林漁業に携わっている方への事業資金の融資や日本企業が海外で活動する際の支援を中心としています。また個人向けの教育ローンも扱っている機関です。
  • 商工組合中央公庫
    中小企業向けに安定した事業資金の融資を目的としています。国の施策と連携して融資を行っている機関です。
  • 地方自治体
    他の都道府県や市町村でも独自の融資制度を行っている場合がありますが、自治体が直接融資を行うタイプや所定の金融機関での借り入れ利子を一定期間補給するタイプなど、内容は自治体によって異なります。もしくは公的融資を行っていない場合もあるので、自宅や勤務先などの自治体への確認が必要です。

協調融資とは

協調融資は民間融資と公的融資の中間に位置する融資制度です。ローンを組む際に融資してくれる金融機関はひとつですが、協調融資では複数の金融機関が協力する形で融資金を提供。その仕組みは「シンジケートローン」と呼ばれています。万が一融資した企業や個人事業者が破産して資金回収が不可能になったとしても、融資した金額を分散させたことで金融会社側の損益を最小限に抑えられるのです。大企業が多額の資金を調達する際に利用する協調融資ですが、個人でも協調融資で住宅ローンを組める「フラット35」があります。最大の特徴は、35年間金利を固定できること。保証料・手数料0円で保証人も必要ありません。公的融資である日本政策金融公庫の公式サイトでは協調融資に関する情報を公開しているので、チェックしましょう。

ローンや資金繰りの相談ができる不動産会社がおすすめ

住宅ローンは自分のライフプランに合ったものを選ぶ必要があります。無理のない計画を立てて、きちんとローンを返済できるものを選ぶのが大切です。購入する家や街の状況によって金利が変動し、生活が大きく変わってしまう可能性も十分にあります。住宅ローンを組む前にどの金融機関にするべきか、専門知識を持つ不動産会社に相談するのがおすすめです。不動産会社には住宅ローンについて丁寧に案内してくれるところも。相談できる不動産会社選びは、住宅ローンについて詳しいか把握しておく必要があります。住宅ローンを組むことは、人生において大きな決断です。自分たちだけで結論をだすのが不安であれば、住宅ローンについて詳しい不動産会社に相談するのもひとつの手。慎重に考えて、無理なく返済できる住宅ローンを選びましょう。

殖産のベスト

専属の提携ファイナンシャルプランナーがおり、完全予約制の個別相談会を設けています。

購入後はもちろん、購入前にも活用できる嬉しいサービスです。相談内容は以下の通り。

  • 不動産購入時の資金シミュレーション
  • 資金援助(贈与)・相続などの税務相談
  • 不動産会社とは違う切り口でのご提案
  • 賢い繰り上げ返済方法、タイミング

専門家によるわかりやすいアドバイスが好評です。

東急リバブル

HP上では無料の「不動産なんでもネット相談室」や、住宅ローン借入額のシミュレーションができるシステムなどが組み込まれています。

提携の税理士・弁護士による無料相談会も実施しており、不動産に関する税務や取引上の法律相談などについても知ることができます。

また店舗によってはファイナンシャルプランナーの資格を持ったスタッフがおり、相談できるようです。

藤和ハウス

HP上では、最新の住宅ローン金利情報を確認することができます。

また、藤和ハウスの「CLUBTOWA(クラブトーワ)」の会員になれば、ファイナンシャルプランナーによる無料家計改善コンサルティングを受けることができます。

住宅ローンの専門部署をもうけてもいるので、資金繰りの相談なども気軽にできるそうです。

オープンハウス

ファイナンシャルプランナーの資格を持つスタッフがいる店舗では、資産設計の相談をすることができます。

会員登録をすれば、資金計画やローンの相談も可能だそうです。

吉祥寺のおすすめ不動産業者ランキング
 
 
pagetop
まかせるならココ! 吉祥寺の不動産売買ガイド