まかせるならココ!吉祥寺の不動産売買ガイド
まかせるならココ!吉祥寺の不動産売買ガイド

買いたい!売りたい!吉祥寺エリアの不動産探しを徹底サポート

大手店のメリット・デメリット

こちらのページでは、不動産会社のうち、チェーン展開している大手不動産会社の持つメリットとデメリットをまとめたものをご紹介していきます。

大手の不動産会社に依頼するメリット

そもそも大手の不動産会社とは、開発業者や建設会社を母体とし、広い地域で直営の支店を展開している業者や、フランチャイズ形式で広く展開している業者のことを指します。

CMや新聞、雑誌などで見かける広告などへの露出も多く、不動産に興味があるなしにかかわらず、名前を耳にしたり目にしている方も多いでしょう。

まずは、このような大手不動産会社を利用するメリットを挙げていきましょう。

物件数が多い

膨大な広報費をかけることができる大手不動産会社は、それだけ目に触れられることが多く、物件の依頼をする顧客も増えます。そのため、物件が多く集まりやすいと言えるでしょう。

もちろん、競合他社と同じ物件であることも多々ありますが、とにかく多くの物件を見たい方には、豊富な物件数は魅力でしょう。

取扱エリアが広い

広範囲に支店がある大手不動産会社は、エリアの広さもメリットです。地域に特化した営業活動を行っても、その活動範囲は地元不動産会社よりもおおむね広いです。

エリアを限定しつつも、近隣エリアの物件も考えに入るのであれば、大手不動産会社の物件数の多さと、取り扱いエリアの範囲はメリットでしょう。

ネットワークを駆使した情報力

多くの支店を持つだけに、その店舗間で共有される情報の早さ、豊富さは大手ならではの魅力です。

営業力

大手不動産会社の営業マンは、豊富なノウハウに基づいた研修を受けているので、お店による営業力の差はあまりないと思います。

どの店舗でも一定レベルのサービスを保証してくれるので、不動産の仲介なども安心して任せることができます。

デメリットは?

一方のデメリットですが、大手は支店間の転勤・移動が多いので、担当者が変わることが多いです。

もちろん、短期で賃貸物件を決め、契約するのであればその間に担当の交代ということにはならないでしょうが、物件の売買となるとそうもいきません。

長い付き合いを担当者と築くことが難しいのは、デメリットの1つでしょう。

吉祥寺のおすすめ不動産業者ランキング
 
 
pagetop
まかせるならココ! 吉祥寺の不動産売買ガイド