まかせるならココ!吉祥寺の不動産売買ガイド【2017年度版】
まかせるならココ!吉祥寺の不動産売買ガイド【2017年度版】

買いたい!売りたい!吉祥寺エリアの不動産探しを徹底サポート

未公開物件とは?

こちらのページでは、不動産会社が抱えている「未公開物件」について、どのような物件なのかをご説明していきます。

未公開にする理由や、そのような物件を取り扱っている不動産会社への評価も掲載しますので、参考になさってください。

未公開物件とはどのような物件か?

「未公開物件」とは、一言でいえば不動産会社が売主から依頼を受けた物件のうち、インターネットや情報誌・チラシ等で公に公開することを許可されていない物件のことです。

たとえば、インターネットで気になる物件を見つけて、その物件情報を持つ不動産会社を訪れたところ、インターネットでは見つけられなかった物件を紹介されたことはありませんか?

このような公には出回っていない物件が「未公開物件」です。

未公開物件の情報は、その地元エリアに強い不動産業者が保有していることが多く、売主側の理由により未公開となっています。

未公開で取引される理由とは?

この未公開の理由は、おおむねプライバシーの関係から制限されていることが多いです。売主側が未公開にしたい理由としては、以下の理由が挙げられます。

  • 売りに出していることを周囲に知られたくない
  • 色々な噂を立てられたくない
  • 情報を知った買主候補がやってくるのを防ぎたい

また、不動産会社側にも理由があります。

  • 情報が公開された途端、物件の周辺に何人もの人、何十台もの車が出入りするようになってしまい、近隣住民に迷惑がかかってしまった
  • 取り壊し前で前所有者が住んでいる状態なのに、情報をみた人が勝手に敷地内に入ってくるようになってしまった

上記のように、公開したことによって予想しなかったトラブルが起こった事例があったことも挙げられます。

また、一般公開する前に契約が決まれば、売主・買主それぞれから仲介手数料を得ることができる、という不動産会社側にとってのメリットもあります。

そしてこのような未公開物件を扱う不動産会社というのは、売主からの信頼が厚い不動産会社であり、信用に値すると言えるでしょう。

未公開物件にも程度の違いがある

一口に「未公開物件」と言っても、どこまで公開されているかなど程度に違いがあります。

基本的に、不動産物件は市場に出るとREINSに掲載され、どこの不動産会社からもその物件を確認することができるようになります。このREINSに掲載しないで、自社のネットワークのみで仲介を行っているケースが一つ。それに準ずる非公開物件としては、REINSには掲載しているけども、ポータルサイトや自社の物件検索サイトに掲載しない非公開物件。こちらは、売主が売りに出していることを知られたくないという理由などで非公開となっているものが多いようです。

REINSに掲載しないものは、仲介手数料の両手取りを狙っているとあまり良くない印象を持たれることも多いです。しかしながら、公開しないで仲介を行うというのは自社だけで強いネットワークを持っていないとできません。この非公開物件には、不動産会社がREINSに掲載しなくても仲介できるという自信を見ることもできます。

インターネットでの非公開物件については、売主側の要望であることも多いため、内容についてはよく聞いてみる必要があります。場合によりますが、必ずしも悪い物件というわけではありません。売主が周りの人に知られたくないといった個人的な理由もあるため、話を進める中で明らかにしておくようにしましょう。

結論から言うと、非公開物件だから良い・悪いが決まっているわけではありません。会社側・売主側それぞれに思惑があり、物件自体の良し悪しにはつながりません。ただ、非公開物件も含めて取り扱い物件が多いことは地域における価値ですし、会社として提案の幅が広いことは確かです。重要なのは、非公開物件だから良い・悪いといったフィルターをつけないで物件を判断すること。どんな物件であっても、チェックする項目、担当営業に確認する項目を作って物件探しをすることが重要ですね。

関連するページ

吉祥寺のおすすめ不動産業者ランキング
 
 
pagetop
まかせるならココ! 吉祥寺の不動産売買ガイド

まかせるならココ!吉祥寺の不動産売買ガイド【2017年度版】